アロマセラピー

アロマのお話~レインドロップテクニック~

レインドロップテクニック

レインドロップテクニックをご存知ですか?

 

レインドロップテクニックは、ネイティブアメリカンであるラコタ・インディアンがエネルギーを高める為にオーロラのエネルギーを背骨に流し心身を癒していたと言う方法からヒントを得て開発された独自のアロマヒーリング方法です。

 

その効果は心身に留まらずにチャクラオーラ等にも働き掛けるスピリチュアルなヒーリング方法です。

 

施術(ヒーリング)は背骨を中心に行います。

 

背骨の中枢は日本の古神道等でもネガティブな概念、過去の感情(怒り、悲しみ、後悔、妬み、嫉妬、虚無感、自己否定等……)が蓄積されている場所と言われてる箇所です。

 

レインドロップテクニックは、不要になったモノを手離す手助けをすると同時に回を重ねる毎に心身のバランスを取り戻して本来の自然治癒力を呼び覚まし、免疫力をUPしてくれる自然療法です。

 

セラピー等級品エッセンシャルオイル(精油)の原液を背骨に沿って雨だれの様に垂らして行きながら羽根の様に優しいタッチで体内に浸透させて行く手法です。

この様な症状ににオススメです

感情を解放したい

心身共に浄化したい

骨格を調整したい

首や肩など体が凝っている

筋肉痛

足がむくむ

免疫力をUPさせたい

自律神経を調整したい

等です。

身体に期待出来る効果

内臓機能のUP

免疫力のUP

ホルモンバランスの調整

呼吸苦の緩和

炎症の軽減

消化不良の抑制

病原菌の減少

老廃物の排出

集中力UP

組織の再生やデトックス作用等の効果

心へ期待できる効果

感情の解放

カルマの解放

トラウマの浄化

レインドロップテクニックを正しくご利用して頂く為に

あんま・あはき法等の法についてお話させて頂きます。
あんま・マッサージ師は国家資格であり、マッサージ師はマッサージによって、「肩こりや腰痛が治る・緩和する」等の身体の一部の症状を治療する事が認められています。
国家資格を持たない私の様な民間資格のアロマセラピストは手技によって受け者の身体の症状の治療や緩和については「治る」等の言葉を使う事は出来ません。
手技の事をマッサージでなく「アロマヒーリング」と表現しています。
レインドロップテクニックによる病気の予防や治療、身体の機能増強の効果に触れる事は出来ません。

薬機法について

レインドロップテクニックで使用するエッセンシャルオイルは薬機法で化粧品に分類される為に効能表現は厚生労働省が定める「化粧品の効能表現の範囲」に限られ、医薬品類の様な病気治療や予防効果をうたう事が出来ません。
海外で素晴らしい治療実績があって医薬品として使用されているにも関わらず日本国内では薬機法が適用されているので厚生労働省が医薬品と認めない限り医薬品の様な効能効果をうたう事が禁止されています。
厚生労働省の承認を取らずに勝手に医薬品を輸入販売したり、化粧品を医薬品の様な効能効果を説明して販売すると「未承認医薬品の販売」とみなされ法律に抵触してしまいます。
ヤング・リヴィングエッセンシャルオイルは、たとえ海外で治療に使用されていたり、創設者のゲリー・ヤング氏の研究と数々の治療実績があったとしても、レインドロップテクニックを紹介する際は、薬機法に従って医薬品的効能効果の表現にならない様に気を付ける必要があります。

家庭の薬箱

レインドロップテクニックはとても素晴らしいヒーリングです。
セラピスト人生の中で初めて心から信じる事が出来たエッセンシャルオイルを使った手技です。
レインドロップテクニックで使用するエッセンシャルオイルを日々の生活に取り入れる事も良いと思います。
ちょっとした身体の不調、病院に行く程ではない痛みや不調をエッセンシャルオイルに助けてもらう事でエッセンシャルオイル家庭の薬箱として活躍します。
エッセンシャルオイルについては大切な家族の為に知っておくと良い知識が沢山です。
日々の生活にアロマを!
次回は、ペットさんの為のレインドロップテクニックについてお話させて頂きます。