今週のタロット占い

今週のタロット占い(12月5日~12月11日)

今週のカード

今週は「13番」のカードが出ています。

 

「13番」のカードをよく見て下さい。

 

第一印象何を感じましたか?

 

タロットとは

タロットは師から弟子へと口伝で伝えられた秘伝です。

 

私はタロットはカードと自分自身がどれだけ真剣に向き合えるかが大切だと常に思っています。

 

カードからのメッセージを自分なりにどうとらえ、どう感じるのかが大切だと思っています。

 

今週のタロット占いの文章の書き方を変えたのは、ただ占いを読むだけでなく、自分自身でタロットカードと対話して感じ取って欲しいと感じたからです。

 

今の時代、SNSで誰もが占い師になれる時代になって来ています。

 

人生の良きアドバイザーとしてタロットカードを選ぶとしたら、カードと対話して信頼関係を結ぶ事はとても大切な時間だと思います。

 

今週のタロットカードをよく見て自分なりに感じてから参考にして頂けたら嬉しいです。

13番のカード

「13番」のカードのキーワードに「死と再生」があります。

 

「死」とは、肉体の死ではなく、何かを終わらせなければいけない事を表しています。

 

両手いっぱいに何かを持っていたとして、新しい何かを手に入れたかったとしたら、その両手にある荷物を一度置いて手を空けなければいけません。

 

ヒトは沢山のモノに囲まれているけれど、案外そんなに沢山のモノを手にして歩く事は出来ないのです。

 

何かを終わらせる、何かを手放したら、そこにスペースが空きます。

 

そのスペースをどう有効活用しますか?

 

と、「13番」は問い掛けています。

 

始まりと終わり

物語には終わりがあります。

 

ハッピーエンドで終わるお話もありますが、私達が知らないだけでその物語にはそれぞれ続きがあります。

 

それはヒトの営みと同じです。

 

「幸せにくらしましたとさ。めでたしめでたし」だけでは終わらないヒトの人生。

 

その先に未だ続きがあるのです。

 

その先の物語を決めて行くのは自分自身。

 

執着して手放せなかったモノを手放す時です。

 

自分のエゴが見えて来る時期かもしれません。

 

手放す勇気が出来たら、その時は辛くても後で新しい何かが現れます。

 

自分のココロの声に耳を澄ましてみましょう。

 

ココロからの願いは必ず叶うものです。

 

その願いに気付いた時、ヒトは動き始めます。

 

動き始めた時、それは現実化して行きます。

 

「死と再生」は背中合わせ。

 

常に隣り合わせで居るモノなのだと気付いて下さい。

再確認

もう一度「13番」のカードを見て下さい。

 

第一印象と変わりましたか?

 

「13番」は怖いカードではありません。

 

ヒトは何度でも何度でも生まれ変わります。

 

やり直しも立て直しも効くイキモノです。

 

自分が自分をあきらめない限り。