アニマルコミュニケーション

四角

空を見上げて

空を見上げていて面白い事がありました。

 

それは、雲の切れ間に見える青空を発見した時の事です。

 

その雲はまるでハサミでチョキチョキと四角にカットしたかの様に正方形や長方形の形をしていました。

 

四角にカットして雲の向こうに繋がる青空の存在を教えてくれているかの様でした。

 

雲の向こうにはまだまだ私の知らない世界がある。

 

雲の向こうにはまだまだ私の知らない存在が居る。

 

そんな気がしました。

 

それは、私に四角を使って死角がある事を教えてくれているかの様でした。

 

日本語って面白いです。

 

四角を使って私の視覚に入り、私の気付かない死角を伝えてくれている。

 

と、ヘリクツにも聞こえますが、そんな事を感じながら、五感に感じるモノを大切に死角の存在にも気付いて行こうと思いました。

 

散歩

散歩は大切です。

 

大地を踏みしめて歩く事は大切です。

 

歩く事は身体の健康に大事ですが、何も身体だけではなくリフレッシュをしたりココロを作る事にも繋がって行きます。

 

現に私自身がとても変わりました。

 

子供達と出会う前の私は近くのコンビニに行くにも車を使って移動していました。

 

歩く事なんて全くした事が無かったのでスニーカー等は一足も持っていませんでした。

 

靴箱にはヒールの細くて長い綺麗な形の靴しか並んでいませんでした。

 

今では、足に優しい靴をチョイスする事が第一で足の形も変わりました。

 

歩く事で歩く前と歩いた後の身体の熱の違いを感じたり、何を欲しているのかが分かったり、身体の変化を感じられる様になって来ました。

 

以前の自分よりも身体を労わる事の大切さが分かる様になったと思います。

動物さんも散歩は必要

最近のペットショップでは(ほんの一部だとは思いますが)身体の小さな動物さん達は散歩が不要で外に出す必要がないから飼育するのが楽だと伝えて販売している所もあるのだそうです。

 

元々動物さん達は自然界の中で太陽の光を浴び、季節の移ろいを感じ、風を感じ、空気を読み、大地の温もりを感じながら生活して来ました。

 

そのDNAは身体に受け継がれています。

 

現代ではアスファルトの舗装された道が散歩道だったり車社会になって外の世界は自然が壊されてなかなか自然を感じる事が出来ない生活をしている動物さんや飼い主さんも居るかもしれません。

 

でも、都会にだって木は植わっていますし、土の部分も全くない訳ではないと思います。

 

閉じこもってばかりいては身体によくありません。

 

それは、ヒトも動物さんも同じだと思います。

 

歩く事がヒトには身体に良いと推進されていますが、それは動物さん達も同じ事です。

 

お散歩には快適な季節です。

 

外に出てみませんか?

 

空を見上げると首が伸びてスッキリしますよ。

 

なかなかお散歩に行けないとしても窓を開けて空気の入れ替えをしたり、時には空を見上げて伸びをしたり、動物さんにも同じ様に自然を感じさせてあげたら心身共に健康に繋がって行くのではないかと思います。

 

ヘリクツかもしれませんが、散歩を楽しみながら私なりに空からのメッセージを受け取っています。