アラカルト

特別定額給付金

給付金の使い道

特別定額給付金が確定した時に知り合いの方が連絡をくださいました。

「みなさん、何に使います?」

と。

ちょうどその時間に私は動物病院にいたので、

「私は治療費になりますよ!」

と返したのですが、その方はコロナの影響はあまりなかったらしく何に使うのかを楽しみにしている様子でした。

(ペットさん達は人間のような保険がないので治療費は高額なのです。)

1人10万円。

仕事を失ったりお給料が減った方は生活費にあてるでしょうし、貯金した方も好きな物を購入した方もいたり、しばらく話題になっていました。

 

思い出バングル

ある時、私の腕のブレスレットを見ていた女性がいました。

「それ、本物ですか?」

私のブレスレットは、昔、海外の何かの本で見かけた「思い出バングル」と言う記念を刻んで行く物をまねた物です。

家族の記念日や出産に合わせてバングルを増やしていく、またはバングルに文字を刻んでいくというものが海外にはあるのだと知り、子供の頃にあこがれていました。

そして、私自身も子供達が増える度にその名前と瞳の色のストーンをはめ込んできました。

まさかこんなに子供達が増えると思っていなかったので刻むところがなくなってしまい、刻んでいない子がいたりして中途半端になっているのですが、これを機会にどうにか全員の名前を刻んで頂こうと思っています。

たどり着いたのが「金」

この女性は10万円をどのように活用するかを真剣に考えていました。

欲しいものや好きなものを購入してしまえば、あっと言う間になくなってしまう金額。

だからこそ有効活用したいとその女性は考えていました。

そんな時にたまたま私の腕のバングルを見かけて自分の思いを伝えてくれました。

そして、私もついつい思い入れがあるバングルなので語ってしまいました。

もしも!何かあった時に!すぐに現金になって役に立つもの!を彼女は探していました。

そう考えてたどり着いたのが「金」

身に付いていたら万が一何かあった時にすぐに売りに出して役に立つのではないかと思ったそうです。

金の小判や太いネックレスなど金の形は様々ですが、何かしらの形にしている人はいるのではないでしょうか。

彼女は今も何にしようか迷っています。

10万円さんもこんなに真剣に考えてくれる方がいたらうれしいのでしょう。

自分の生活に合う形で納得するものが見つかると良いですね。