アニマルコミュニケーション

生きる事は食べる事

MAYAは11歳

MAYAは1月で11歳になったシベリアンハスキーのメスです。

 

私が初めて自分自身で家族に迎えようと決めた犬です。

 

とても元気で11歳には見えないと言われていますが、4歳の時に子宮蓄膿症になり、大きな手術をした事がありました。

 

死んでしまうかもしれない大きな病気だったのですが、彼女は無事生還し、それからは大きな病気もせずに元気いっぱいです。

 

その彼女の元気の秘訣のは何でも好き嫌いなく食べ、よく排せつし、よく寝る事だと思います。

 

それはこの世に生を受けた生き物すべてに共通していると思います。

 

MAYAは食べる事が大好きです。

 

何かしら持っているのではないかと私の手ばかり見ます。

MAX

逆に、あまり食に興味のないMAXは8歳になった最近ちょっと元気がありません。

 

子供の頃は何でも食べたのに年齢を重ねて行くと、好き嫌いが激しくてお腹も壊しやすくなって行きました。

 

薬も沢山飲みました。

 

若い頃には気付かなかった事が年齢を重ねるとこうして大きな差が出て来ます。

 

NEOSHIONの影響で食べないと自分の分迄食べられてしまうと危機感を持ったのか、だいぶ食べるようになり、お腹も壊さなくなりましたが、若いうちからの食生活がここに来て表れるのだと改めて感じています。

生きる

生きる事は食べる事。

 

食べてこそ強い心身は作られます。

 

食の大切さをしみじみ感じます。

 

シニアと呼ばれる年齢になったMAYAMAX

 

気を付けなければいけない事はこれから沢山出て来ると思いますが、一緒に元気に過ごして行こうと思います。