アラカルト

田んぼ

朝晩の冷え込みを感じたり、日中と夜との気温差を感じる季節がやって来ました。

 

子供達とのお散歩が楽しい季節です。

 

気温差と共に散歩道の風景も秋らしくなって来ました。

 

稲刈りが終わった田んぼは、お休みの時期に入っています。

 

冬の間静かにお休みをしてまた春になると大地を耕して新しい苗が植えられてその苗がすくすくと育って秋が来れば収穫の季節がやって来ます。

 

そして収穫が終わればまたお休みの冬がやって来ます。

稲刈りが終わった田んぼを見ながら、その営みは人間と似ていると感じました。

 

人間も日々悩んだり落ち込んだりしながら、泣いたり笑ったり日々乗り越えて成長して少しお休みをしてまた新しい一歩を踏み出して行きます。

 

この地球以上の生命は何処か似ていて植物からエネルギーを頂いたり、勇気を頂いたりする事もあります。

 

稲は時には強い雨風や台風に耐えながら秋には素晴らしい黄金色の稲穂に育って行きます。

 

稲にとっての台風は、ヒトにとって対ヒトなのではないでしょうか。

 

雨に打たれ、風に倒されそうになりながらも雨の後の晴れた空に向かって稲は一生懸命育って行きます。

 

ヒトも生きて行く上では意見の相違があったり、価値観の違いや理不尽に思う事も沢山あるけれど、そのひとつひとつの出会いが自分自身を磨き上げて育ててくれている出会いです。

 

ヒトは一人では成長出来ません。

 

様々な人間関係に磨かれて良い出会いも、そう思えななかった出会いも自分自身を成長させてくれています。

 

その時は泣いたり苦しんだり、妬んだり恨んだりするかもしれませんが、終わってしまえば自分自身を成長させてくれた出会いだったと気付く事もあるでしょう。

 

どんな出会いでもその出会い一つ一つは時分を磨いてくれている出会いなのです。

 

収穫が終わって今は一休みしている田んぼ。

 

私達ヒトも、時にはリフレッシュやお休みが大切です。

 

お休みをしたらまた新たな芽を育てて行く為に一歩踏み出して行くのです。

 

小さくても自分自身の変化や成長に気付く事が大切です。

 

毎日毎日頑張っている自分、昨日とちょっと違う考え方が出来ている自分。

 

その変化を褒めてあげる事。

 

それが自己成長に繋がって行くのだと思います。

 

この地球上の生命は、植物も動物も人間も何処か似ている。

 

そんな気がしました。

 

稲穂稲穂の垂れる季節 収穫の秋。 この時期お散歩をしていると、黄金色の稲穂が一面キラキラしています。 実るほど頭を...