アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーション〜3大欲を満たす〜

ガマンできない欲とは?

ヒトはとても欲張りです。

でも。

欲とは関係なく生理現象として身体に起こる事は誰にも止める事はできません。

今回はその欲の3大欲についてのお話です。

3大欲とはなんでしょう。

3大欲とは、

・睡眠欲
・食欲
・排泄欲

の事を言います。

(排泄欲ではなく性欲と言う説もありますが、今回は生きるための3大欲のお話なのでこのお話ははぶきますね。)

眠りたい時に寝る

食べたい時に食べる

出したい時に出す

事です。

眠りたい時に眠る幸せ

温かい布団の上で眠る幸せ。

毎日のことで当たり前のことすぎて感じなけれど本当はとてもありがたいことです。

お日様の光をいっぱい浴びたフカフカのお布団は本当に気持ちが良いものです。

梅雨でお布団を干すことができないとそのありがたさを痛感します。

食べていても遊んでいても眠くなって急にパタッと眠ってしまう小さな子供たち。

あんな風に好きな時になにも気にせずに眠ったのはいつの事でしょう。

好きな時に好きな場所で好きなだけ眠る事。

そんな風に眠れたら本当は良いのですが、大人になって来るとなかなかそうはいかないものです。

でも、眠くなったら寝る事が出来たらそれはとても幸せな事です。

眠いのにやることがあって眠れないなどは心身共にストレスを感じますのであまり幸せな行為とは言えません。

心地よい空間で質の良い眠りを大切にしたいですね。

食べたい時に食べる幸せ

好きなものを好きなだけ食べるととても幸せな気分になれます。

自分にごほうびするのもなんだかんだ言って好きな食べ物になっている人も多いようです。

好きなものだけ好きなだけ食べて嫌いなものは食べなくても良いのであればそれはそれで幸せなことかもしれません。

でも、好き嫌いばかりしていては心身にあまり良い影響を与えません。

栄養の高い、質の良い食事をすると身体にとても良い影響を与えてくれます。

忙しくてゆっくり座って食事ができない時は心身にストレスがかかっています。

誰にもジャマされずにおいしく食べたい時に食事ができたらとても幸せな事です。

忙しい現代人。

でも、食事の時は食材とゆっくり向き合っておいしく堪能したいものです。

出したい時に出す幸せ

トイレに行きたい時に行けない、ガマンしなければいけない時の辛さ。

とても身体に悪いです。

排泄した後のあのスッキリ感はなんとも言えない幸せです。

そして。

出すのはトイレに行く排出物だけではありません。

汗や涙、鼻水も出したい時に出すのが一番です。

感情も同じように出す時に出す事。

ガマンすると心の便秘になってしまうのです。

ちなみに。

ヒトがホッと一息付く瞬間はトイレの排出の瞬間やお風呂に入った時など瞬間瞬間で一日のうちに何回か感じる事があるそうです。

このホッとする瞬間を感じる事をのがしたくないですね。

保護犬SHIONの3大欲

なぜこんなことを思ったかと言いますと、

最近、SHIONが上手に💩をすることができるようになって来たからです。

💩なんて上手も下手もないのではないかと思うかもしれません。

でも、SHIONはクレートの中に3頭ずつギュウギュウに詰め込まれて生活していたので自由に好きな体制で💩をすることができませんでした。

お散歩していてももうお尻から半分💩がはみ出ているのにどうして良いかわからずにそのまま歩き続けてしまったり、大きな音が聞こえて来ると引っ込めてしまったりしていました。

初めて外の世界を知って。

好きな時に好きなように💩をする喜びをようやく知ったようです。

先日は、ホッと息をついていました。

外の世界に出て初めて好きな体制で眠れる幸せ、ご飯を誰にも取られずに食べられる幸せ、💩を出したい時に出せる幸せを初めて知ったのです。

質の良い眠りを大切にすると、身体はとても癒されます。

そして、目が覚めて身体を動かすとお腹が空きます。

お腹がいっぱいに満たされると、排泄したくなります。

この当たり前の生理現象を当たり前に行うことができないと、人も動物も身体や心がこわれてきます。

生きていく上でとても大切な必要な事だけれど、当たり前すぎてありがたい事を忘れてしまいがちな3大欲。

日々成長して変化して行くSHIONの姿を見ながら、このありがたい当たり前のことを感謝する心を忘れているなぁと反省したり感謝せずにはいられない私でした。

そして、子供の頃には当たり前のようにお日様の光をいっぱい浴びたフカフカのお布団で眠っていたこと。

温かい愛情いっぱいの美味しいご飯を作っていただいていたこと。

キレイに掃除してあるトイレで排泄できていた事。

そうやって守られて生きていきたことにも気づかすに生きて来たことを思うと、穴があったら入りたい気持ちになります。

大切に守られて生きてきたのだから、今度はそれを恩返ししたり、引き継いで行くことも生命のリレーの一部なのだと感じています。