アロマセラピー

アロマセラピーのお話〜アロマバスボムを作ってみよう〜

前回アロマ入浴剤の作り方をご紹介しました。

アロマセラピーのお話〜アロマ入浴剤を作ろう!〜先日アロマバスソルトの作り方をご紹介しました。 https://www.16-45.com/bath-salts/ 今回は中...

今回は上級編です。

お家でアロマバスボムを作ってみましょう!

アロマバスボムの作り方

『材料』
・重曹      大さじ6
・クエン酸    大さじ2
・片栗粉     大さじ2
・はちみつ    大さじ1
・アロマオイル(お好みでひとつにつき5滴くらい)
・ビニール袋2枚
・型(なくても可)
・着色料(お好みで)

『作り方』
・ビニール袋を二重にする
・はちみつ、アロマオイル以外をすべてビニール袋に入れる
・よくまぜる
・はちみつを加える
・はちみつは固まりやすいのでよく指で押しながらなじませていく

・なじんだらアロマオイルを入れる
・よく混ぜてから型に入れて固める
・型から出してできあがり!

お家で遊ぼう!

アロマバスボムはお子さんと「ねんど遊び」感覚で一緒に作れるから楽しくて、かおりをかぎながら手作りのだいごみを味わうことでストレス発散にもつながって、身体に優しい材料です。

乾燥剤を入れた密封袋や容器に入れると早く固まるのですが、そのまま自然に固まる次の日までお部屋に置いておくとアロマの香りがただよってお部屋が良いかおりになります。

ぜひ、お試しください!

こんな一手間いかがですか?

少しだけ着色料をいれると、可愛らしくなります。

真ん中におもちゃなどをいれてから固めるとお風呂でおもちゃが出現して2倍楽しいです。

はちみつを入れる事でお肌にしっとり感が出ますが、ない時は省いて少しだけ水分を足してあげるとまとめやすいです。形はさまざま。

ちょっぴりピンクに着色してハートの形にして世界中にかおりのプレゼントができたら少しはストレスを減らすことができるかなぁなんて思ったりします。

入れるアロマオイルによって用途が異なってきますのでさまざまなかおりで作っておくと日替わりでバスタイムを楽しむことができますよ。

 

あなたならどのアロマ?

スッキリしたいならペパーミント。

スキンケアならラベンダーやゼラニウム。

消臭したいのであればティーツリー。

呼吸器系のことであればユーカリやローズマリー。

気持ちをアップさせたいのであればかんきつ系なのがおすすめです。

一個につき大体最大で5滴くらいです。

特にかんきつ系は注意が必要です。

それは、バスソルトを作る時と同じで使用するお風呂の大きさにもよりますがかんきつ系はあまり多くいれすぎると肌に刺激を与えてしまうからです。

レモンやミカン系の皮、ゆずなどを入れたお風呂でピリピリした経験はありませんか?

あれの感覚と同じです。

ほかのアロマオイルよりも適数を少なめでも良いでしょう。

炭酸で身体を癒し、片栗粉でしっとりさせてお風呂タイムをゆっくり楽しんでください。

自分で作るものだから目に見えて安心ですし、作りながらの楽しみも味わえて、お風呂で使ってと何倍も楽しいのがアロマクラフトです。

手軽に手に入りやすい材料なので誰でも気軽に作れると思います。

型がなくてもラップで包んでおにぎりをにぎるようにすればできあがりです。

こんな状況だからこそひとつひとつ楽しみを発見できたら良いですね!

ぜひ、お家アロマをお楽しみくださいね!

アロマオイルの質問などはお気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています!