アラカルト

ヘアードネーション

[toc heading_levels=”2,5″]

ヘアードネーション(Hair Donation)ってご存知ですか?

ヘアードネーション(Hair Donation)(太字)とは、

小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子供たちのウィッグを作って無償で提供する活動に髪の毛を無償で寄付することを言います。

人生2度目のヘアードネーションに行ってきました。

髪の毛を売るお話

子供の頃、

オー・ヘンリー作の「賢者の贈り物」の中で妻のデラが夫にクリスマスの贈り物を工面するために自慢の髪の毛をバッサリ切り落って売ってしまう話や、

ルイザ・メイオルコット作の「若草物語」の中で次女のジョーが父親のために髪の毛を売るシーンがあって「髪の毛を売る」行為やその後その髪の毛が何になるのかとても気になったことを覚えています。

実際にヨーロッパではウィッグを作るために美しい毛髪は重宝されていて、貧しい階級の女性たちが髪の毛を売って生計を立てていたと言う悲しい事実はたくさんあるのだそうです。

「髪は女のは命」と言われていた時代、女性が髪の毛をバッサリ切ると言うことには強い決断や思いが必要がだったのではないでしょうか。

その時代から「誰かを思って髪を切る」という行為はあったのだと感じました。

世の中のために貢献できること。

ヘアードネーションは、31センチ以上の長さの髪の毛を束ねてカットして送ります。

なぜ、31センチかと言うと髪の毛を束ねてカットするので、必ず30センチ確保するために束ねる分の長さと言うこと。

ウィッグを製作する時にフルウィッグを作る時に必要な長さが30センチ以上と言うこと。

31センチ以上は必須条件なのだそうです。

この30センチ以上の髪の毛を約30人分植毛してひとつのウィッグが出来上がるそうです。

白髪や傷んだ髪の毛は使えない場合もあるそうなので、もしかしたらこれが最後の寄付になるかもれないと思いながら行ったのですが、白髪でも大丈夫だと確認出来たので、もしかしたらもう一度チャレンジできるかもしれません。

実は意外と2回目のヘアードネーションをする方は多いのだそうです。

3度目は、くじけてしまう方多いと聞きました。

もしかしたらくじけてしまったのではなく、考え方が変わって行ったのかもしれません。

私が1度目のヘアードネーションをした時は、世の中のために自分自身も役に立てることって何だろう?と考えていた頃でした。

例えば同じように寄付ができるものとして献血がありますが、私は血液の比重が標準よりも低いので献血することができません。

保護犬や猫のために瞬時に動いている方と比べると自分自身は何もできないような気がしていた頃だったと思います。

そんな時にヘアードネーションのことを知り、自分なりの社会貢献ができることを知りました。

髪の毛を失った多感な時期の子供達は、学校でからかわれたり、髪の毛がないことでコンプレックスになってふさぎこんだり、ひきこもったりしているのだそうです。

でも、人毛で作られた自然なウィッグで笑顔が戻ったり外に出られるようになった子供達が増えていることも耳にします。

約30人分の髪の毛でひとつのウィッグが完成します。

30人分の髪の毛でひとりの子供の笑顔が戻るかもしれません。

私がお願いした美容室では1ヶ月約10名位はヘアードネーションに訪れているそうです。

ヘアードネーション人口は増えていて、少しずつ優しさの架け橋になっています。

人の髪の毛は1ヶ月平均約1センチ、1年で約12センチ前後伸びるそうです。

長さの分付き合った月日があります。

ご苦労様。

今まで私の一部でいてくれてどうもありがとう。

2度目のヘアードネーションは社会貢献だけでなく、ちゃんと自分の意志も働いていた気がします。

どうか、どこかで誰かが笑顔になるお手伝いができますように。

私も笑顔を絶やさないように生きていけますように。

1度目とちょっと気持ちが違うヘアードネーションの体験をしました。

人相学

人相学のお話をすると。

髪の毛の長さは性格に関わって来ます。

髪の長い女性方が情が熱くロマンチストだと言います。

逆に髪の毛の短い女性の方の方がサバサバとしていると言います。

例えば、ホラー映画で出てくる貞子やお岩さんなどは、みんな髪の毛が長いです。

長い髪の毛に念や思いが絡まっているのです。

出家する時には「髪を下ろす」と言いますが、それは今世の未練を断ち切るために髪を切りますし、お坊さんや尼さんは坊主頭です。

髪の毛の長さは念や思いを表しています。

昔は女性は失恋をすると髪の毛を切ると言われていましたが、今はあまりそういうことにこだわらないかもしれません。

でも、髪型が変わると女性は性格も変わって行くそうです。

そして、多かれ少なかれ髪型を変える時には何かしら心境の変化があるのかもしれないです。

案外、髪の毛って重いものです。

この重みの分、軽くなるのですから何かしら変化はありますよね。

私自身もどう変化していくのでしょう。

心境の変化があった時にはまたblogにて報告させていただきますね。

 

ご注意いただきたいこと

ヘアードネーションに関してはヘアードネーションに参加している専門の美容室にお問い合わせしてご相談ください。

参加していない美容室だとカットした髪の毛を持ち帰ることができなかったり、ゴムでまとめていないバラバラなままだと使用できなかったりするみたいです。

さまざまな規定があるみたいなので切ったけれどもったいないことになってしまった!なんてことがないようにしましょう。

身体に優しいこと

身体に優しい素材で作ったベジダブルビッグマフィンです!

素朴だけれど、食べたらやみつきのおいしさです。

卵や乳製品、白砂糖、ベーキングパウダーを使用していません。

トーマスカフェのクリームチーズサンドランチに新登場しています。

身体に優しいは心にも優しいってこと。

優しい心を育てるお手伝いができたら、きっと世の中がもっともっと誰かに優しくできそうですね。