タロット占い

タロット占い〜大アルカナで占おう!〜

前回はタロットカードと仲良くなるお話をしました。

今回のテーマは、

「大アルカナで占おう!」

です。

大アルカナって???

タロットカードは78枚で構成されています。

この78枚を大きく分けると、

22枚で構成されている「大アルカナ」と、

56枚で構成されている「小アルカナ」

に分かれます。

枠のあるカード22枚のことを「大アルカナ」

と言います。

「アルカナ」とは、「秘伝」と言う意味です。

大アルカナだけで占えます!

タロットカードは78枚全部で占う占い方と、22枚の「大アルカナ」だけで占う占い方があります。

最終的には78枚を使って占いができるようになるのがベストですが、22枚のみで占う占い師もたくさんいます。

78枚全部のカードを扱うのが難しい最初の頃は22枚で練習しながら手を慣らして行くのも良いと思います。

22枚の「大アルカナ」のみでも十分に占えます!

大アルカナの伝統的な配列

写真のように22枚の「大アルカナ」を配列します。

これは、基本的で、伝統的な「大アルカナ」の配列です。

大アルカナをじっくり見てみよう!

この伝統的配列をじっくり見て下さい。

直感で、

あなたは、どのカードが気になりましたか?

そして、どのカードが好きですか?

そして、、、どのカードが苦手、嫌いでしたか?

何も感じなかった人はそれでかまいません。

感じなかったことがいけないのではないのです。

ご自分がこれからどんなふうに変わっていくのか。

どんな風に成長して行くのか。

を見る大切なことです。

このカードを見て、どうしてこのカードが気になったのか、好きなのか、嫌いなのか。

それ以外にもご自分で気になったことなどをすべてメモして残しておきましょう。

これが成長して行くと、どう変化して行くのか。

ご自分の成長の記録です。

ぜひ、試してみてくださいね!